FC2ブログ

元祖大2DK大物語

男は明日のためにねむるのだ。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪怨パンデミック

2007年08月26日(Sun) 22:24:26

を観に東京に行ってきました。
もっちーに会う用事もあったんだけどね。

夏コミ以来悪化の一途をたどる夏風邪で、病院の薬を服用しながら映画を観にいったのですが、眠くて眠くて。

肝心の映画は怖いは怖いんだけどショッキングなシーンの切り張りという感じがしたな。
リング・呪怨とJホラーもそろそろマンネリの極致になってきたな。
心臓を鷲づかみにされるような恐怖映画をプリーズ。

あと、劇場で前の列に座っていた女子二人組みが最初の恐怖シーンで「ホキャー!」と叫び声をあげて抱き合うのを目撃。
ああいうの漫画だけじゃないんだw
映画よりいいものを見た。

クイズアンサーアンサーは薬のせいか不調。
優勝2回、3位、ドベ。
プロアンサーに一回勝ったのは嬉しかった。
じっくり腰すえてかかるべし。
スポンサーサイト

夏コミアフターお疲れ様

2007年08月19日(Sun) 19:22:04

俺の妹最強!

ギシギシ

2007年08月03日(Fri) 22:03:32

アンアン滅茶苦茶面白い!

いや、ゲーセンの早押し対戦クイズゲーム 「ANswer×ANswer」
通称「アンアン」のことなんですけどね。

正式稼動一ヶ月目の今日からデビューしてきたわけなんですが、これは燃える!
やっぱ早押しってTVのクイズ番組みたいで気分出る出る。
これからクイズデビューの方にもおすすめです。
その理由はいくつかあって


1)問題の難易度が低め

ゲーセンのクイズゲームの先達「クイズマジックアカデミー(QMA)」と比べると、初心者でも手を出しやすい難易度。
筆記試験型のQMAと早押しのアンアンの差だと思うんですが
問題のマニア度が上がり続けていくQMAに対し、アンアンの方は「アタック25」レベルと申しましょうか
「新聞・テレビ・教科書」を押えていれば何とかなるレベル。

制限時間内にじっくり考えてもいいQMAは
誰が考えても分かる問題ばかりだと差がつかないので問題のハードルが上がりがち。

対して早押しのアンアンは「答える権利を取ったもの勝ち」なので
「たいていの人が分かるレベル」の問題でもいいわけです。
これはSEGA、上手い事QMAを研究したなあ…という感じです。
今後あるであろう新問題追加の際もこの辺は守ってくれると嬉しい。


2)最低3ゲームは遊ばせてくれる。

QMAは(COM込みで)16人対戦。
1、2、3回戦、ファイナルで4人ずつ脚きりされていくわけで、一回戦負けの人はゲームオーバーですが
アンアンはまず(COM込みで)4人が1vs1の総当り戦をやります。
したがって自分以外の3人と必ず一回ずつ戦うので1クレジットで3回は確実に遊べます。
その後、勝率と得失点差の上位二名がプレーオフ(決勝)で優勝を争います。

確かに予選一試合の時間はQMAより短めだが、切り替えがあっていいんだよね。
プレーオフ制なので予選で一敗しても残り二勝すれば高率でプレーオフにいけるわけで
一敗=ゲームオーバーではない。

また、予選トップの特典は「プレーオフの出題形式(ジャンルではない)の選択権」だけなので
元から出題形式はランダムと思っておけば二位通過でも対等に優勝が狙えます。

実際大路は、予選はぶっちぎりのトップ通過>形式選択>プレーオフで敗北>屈辱の二位 を二度も味わっているヘタレですw


3) クイズだけが勝負じゃない

QMAと比べたとき最大の長所でもあり、短所でもあるのがここかもしれない。

まず短所から言っておくと
最悪の相手三人と当たった場合、答えが分かっているにもかかわらず
「一問も回答することなくゲームオーバーになることもありえる」
という点です、まあ早押しクイズゲームですから可能性としてはあるけど、ほぼありえません。
C>B>A>S>? のランクがあり、それなりの実力者はごく初期のうちにBに上がるシステムですのでCで遊ぶ分には一見さんと高率で当たります。
大路もBに上がるまでは戦歴カードを使わない「ゲスト」の人とばかり当たっていたので楽勝でした。

またそれと逆に、早押しで相手をゆさぶるテクニックで実力的に「やや上」の相手も倒せるということです。
早押し界では問題の途中で早押しボタンを押して回答権を取ることを「ダイブ」といいますが(誤答するとフライングと呼ばれるw)
問題にアタリをつけた時点でとにかく押す
押してから選択肢を見て回答、ポイントを20~30点もリードすれば圧倒優位。
後はじっくり相手の自滅を待つもよし、傘にかかって押しまくるもよし。
もちろん不正解だとペナルティーでこっちが手詰まりになるわけだけど、そういうギャンブルも打てるということ。

Q、『アニメ「トムとジェリー」においてトムは…』 ピンポーン!

A、ねこ ブブー!

…猫ですが、ではジェリーは?』 …なんていうのもあったりするわけですがw



他にも自覚的に得意ジャンルを育てることで、有利に予選を進めることが出来たりと後発だけに優れたシステムも多いです。

今一押しの面白クイズ「ANswer×ANswer」
オフィシャルHPで設置店を探して挑戦してくれ!

http://anan.sega.jp/index.html

大路は栃木or群馬から「獅子丸」というハンドルでBリーグにて奮戦中!
詳しい出題形式なんかも近いうちに解説したいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。