FC2ブログ

元祖大2DK大物語

男は明日のためにねむるのだ。

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の恐怖話

2008年09月09日(Tue) 08:29:47

オイラ、オカルト・ミステリー・UMA話大好きでよくネットで漁るんだけど友人が体験したリアル話って言うのは格別ですね。
やっぱり「また聞き」とか「匿名掲示板」のお話ってどうしても作り話(良く言えばエンタテインメント)を疑っちゃうし。
逆にこういうリアル話を聞くことで「世の中にはやはり本物の不思議が存在するのだ」と知ることにもなるものね。

とはいえ大路は「否定的肯定派」、本物のミステリーであることを確認するためにまずは疑ってみることから始める者だ。
まずは今回のミステリーを体験した友人二人のブログを転載したので追記を読んで欲しい。



・・・いや、マジ怖いね。
ケータイにまつわる怪談、あるいは都市伝説の「ベッドの下の男」系の怖さを感じる。

で、ちょっと分析してみたいんだけどこの怪談が「虚構あるいは誤認である可能性」を考えてみたい。

1、登場人物T・G・Kが架空の人物である。
ありえない。 一般公開のブログの性質上頭文字表記にしたが全員大路の友人であり、大路の友人同士なら全員特定できる。

2、受話したKの勘違いである。
履歴が残っている。
聞き取りの内容はしっかりしており、ごく普通に会話が成立していたからこそKは特に気に留めていなかった。

3、Kの仕掛けたイタズラである。
可能性は皆無である。
仮にこれがKのイタズラだとして、TがWILLCOMを家に置きっぱなしだったことをKが知っていなければこのイタズラは成立しないのである。

4、Tの仕掛けたイタズラである。
可能性としては絶無ではない、が極めて薄い。
WILLCOMを最初から持っていて、2人の人間とケータイメールを頻繁にやり取りしながらWILLCOMとケータイに記録していないケータイ番号をソラで打ち込んでKに電話をしたとしてだが。
大体イタズラというのはヒマなときにするもので、「この時間に確実にイタズラしてやろう」という計画性が無い限り「何かをしながら」のイタズラというものはしないものである。
また、計画性があるならば「WILLCOMを家に置き忘れた」という証明が必要なイタズラなどしないだろう。

5、Gの仕掛けたイタズラである。
可能性は皆無である。
時間的にアリバイがある。 西村京太郎ミステリー級の電車トリックでもない限りTのWILLCOMをどうすることも出来ない。

6、T・G・Kの共謀による狂言である。
可能性として論じるならもっとも率が高い。
むしろそうであってくれれば大路も家鳴りにびくびくしないでブログが書けるんだが。

7、第三者(4人目の人間の介入)
現実的ではある、が、もしそうだとしたらオカルトではなく事件の範疇である。
人間にとって最も怖いのは生きている人間である、それは間違いない。
まず当時の戸締り状況はどうであったか確認して、大家に前の住人と鍵回収の件は尋ねておかなくてはならない。
もっとも最近のアパートは住人が代わるたび鍵を交換するそうだが…。
もし、前とドアの鍵を交換していないなら大家に相談の上即交換を依頼するべきである!
明らかにこの第三者には異常性がある!

8、現実のふるいに掛けた残りの可能性
ここでようやく大路好みのオカルトの領域になるわけだ。
ざっと閃いたものを書いていくと

・座敷童説:一番怖くない説、でも古い家に憑くそうだし…。
・ドッペルゲンガー説:実は最近世界中で報告例が増えている、強いストレスを受けている人に多いそうなのでご用心。 ちなみに本人と出会ったら死ぬ説は実際のケースが全く無いデマ。
・地縛霊説:盛り塩推奨。
・「私リカちゃん」説:「今あなたのうしろにいるの♪」 \(^o^)/


もうこうなったら毎日WILLCOM置いておくといいんじゃないかね!
今度遊びに行きます

「着信アリ」のDVD持って・・・。

続き

・Tさんのブログ

昨日、土曜日の出来事です。

仕事が終わったのが21:10。その後ワインの試飲会(私は飲んでないですが)なんかがあって、結局完全にあがれたのが21:40くらいかな?
電車に乗って、最寄の駅に着いたのが、大体22:45くらい。
電車に乗ってる頃から、前の職場の同僚とメールしてました。ちょっと相談を受けていて、既に退職している私の意見が聴きたかったそうな。
片手に携帯、片手にお土産のケーキ(職場で余った奴)二袋+いつものバッグ。
つまり両手塞がった状態で、家までの道程をてくてくと歩いていました。

私と前の職場の同僚はメール打つの早いので大体三分おき位にメール打ってました。
因みに相方(=G)は昨日は職場飲みで、休日?出勤(出勤扱いになるらしい)。
遅くなることは前もって知っていて、できれば迎えに行けたらなァなんて考えていました。
で、23:12。
家まであと五分くらいのところで相方からメールが。
飲み抜けてきて今から帰るとの事。
そしたら途中まで迎えに行こうと、軽くその旨をメールで伝えました。
(その合間にも同僚とメールしていた……ので、メールの返信が滞ったのは相方とメールしていた時のみだったと思う。)

そして家に着いたのが20分前くらい。
鍵が見つからなくて一瞬入れなくてあせった。
あまりのんびりする事無く、相方と待ち合わせの場所を決めて家を出ました。確か35分くらいには出たんじゃないかな?
トイレに入ったときに携帯がなった(同僚からのおやすみなさいメール)拍子に、この日家に忘れっぱなしにしたウィルコム(主にネット用)の存在を思い出し、床に転がっているそれを拾ってから車に乗り込みました。


0:00。
迎えに行く車の中でAUの方の携帯が、Kさんからのメールを受信。

「ねちゃった?」

って簡単なメールでしたね。

「まだ寝てません。今ドライブ中。どうしたんですか?」

と返事を返したら、

「着信があった」

との事。
ウィルコムの評判はあまり良くなかったので、なんか誤作動でも起こしたかな、と思い

「かけてませんよー」

と返事。
その後、相方に会うべく車を走らせて、待ち合わせの駅まで。
0:20分頃到着。無事に合流。
助手席に乗っけたら、Kさんからメールがあったよ、との事。
どうやら私のウィルコムを使って相方がKさんに電話をかけたんじゃないかと、Kさんは思ったらしい。

T(ブログ主)「はぁ?」
G「いや、だってさK、君と    話した   ってよ?」

T「……え、どーいう???」
G「なんか元気ー?とかそういうやりとりしたらしいよ?」
T「は?ちょっと待って」
G「外にいるのー?とかなんとかって、23:00頃」

T「私今日、ウィルコム持って出てないよ?その時間家に居なかったよ?」     

「「………」」

その後、ウィルコムの発信履歴を見たらウィルコムじゃない携帯番号(しかもアドレス登録してない)がありました。
着信履歴にはその番号は無かったです。

Kさんに連絡を取ってみると、確かにその番号はKさんのものだという。
因みに私のAUの方の携帯にもKさんのアドレスはあるけど番号はありません。
メールの中のどっかにはあると思うんだけど。

もう夜中。
次の日は休みなので思い切りごろごろしようと思ってましたが、恐くて家に帰れません。

かえれーないよ~どっかの誰かが勝手にあがってるかもね♪

でもどこの誰が?
わざわざ手打ちでKさんに連絡を?
というか、時間。
発信履歴は23:06
着いたの、23:20ちょい前。五分くらいは一本道の場所。

よく見てみると、着信履歴が19件(20件入る)しかない。
ありえない。
つまり、発信と着信履歴を間違えて削除した?

……

私、家の中でどっかの誰かと一緒にいたかもしれません。

そんなわけで、いったん家まで戻ったんですが、帰るのは止めて宿を探して旅に出ました。
宿を……探して……?

神奈川鎌倉付近から
川崎に抜け、
南武線沿いを登戸まで行き、
小田急沿いに車を走らせて町田まで行き、
ちょっとエスティマとチェイスして、
再び江ノ島方面に車を走らせ、
途中のコンビニで力尽き一眠りし、
明るくなってから

うちに帰り携帯以外異常が無いことを確認してからおやすみなさい。

誰だったんだろう。
師匠(=Kさん)が私と間違えるって事は、女の人でしょ?

超ホラーですな。
てか残暑で怪談ですな。
チェーンかけて寝るようにしようっと。



・Gさんのブログ(抜粋)

23時過ぎ、相方(T)に今から帰るよメールを打つ。
迎えに来てもらうべく暫く待ち合わせのやりとり。

電車でがたごとん。
途中の駅で降りて相方を待つ。
0時20分頃合流。

車に乗り込んで助手席でぐんにょり。
こっから怖い話です。

G 「そうだ、さっきKからメール着たよ。Tの電話で掛けてきた?って」
T「あー、そうそう。Willcomから勝手に掛かっちゃったみたいね」
G 「いや、会話したみたいよ? ほら」←携帯メールを見せる

 09/07 00:16
 From K
 Sub Re:Gちゃーん
 ―――――――――――――
 TのWILLCOMから電話あって会話までしたんだけど、Tはかけてないと。

 だ     れ     ?(笑)

↑原文まんま



GT「「……」」

Willcomの携帯は1日中家に置きっぱなしで。

電話が掛かったのは二人とも家にはいない時間。23:06

Tが一旦家に帰ったのは23:20頃。
その時に何も知らずにWillcomを回収した。

その為、合流時には持っていた。

試しにWillcomの携帯を見てみたらしっかりと発信履歴が残っている。
それだけなら勝手に発信されたものとして済むのだが、Kは会話したと言っている。

まぢで誰と話したの?

激  怖  い

Kに詳しい話を聞くべくメールしてからそのまま電話で話し合い。
怖い怖い言いながらお互いに考えつつ話したンやが判った事は少ない。

まず判った事は、
Kとその人物は確実に会話した。履歴では30秒間。
その時間には私とTの2人ともWillcomには触れない状況。

また普段Kと話す場合はKもWillcomを持っているのでそちらに掛けるのだが
今回の場合はKが持つもう1つの方の携帯に掛けている。

TのWillcomの履歴にはそちらの番号の履歴は無かった。Willcomの方はあったけど。
その為、わざわざ手打ちでKの電話を掛けたものと思われた。

が、後ほど判ったのがその着信履歴が消されていた事。

この前ライブに行った際にKからそちらの携帯でTのWillcomに掛けていた事を思い出した。
なのでその謎の人物は着信履歴からKに電話をして
発信履歴を消そうと思って間違えて着信履歴の方を消したものと思われる。

その間抜けさが人間らしくて尚怖い。

最初はわざわざ手打ちで発信したと思っていたのでK狙いで掛けたのかと思ったのだが
着信履歴の1番上にきていたものに掛けただけと思われる。K見事に巻き込まれ被害者。

あと謎の人物は女性っぽい事。Kは普通にTだと思って会話したみたいやし。
因みに会話時はK自身が電車に乗っていた為、後で掛け直すと言おうとした瞬間に
「今、外にいるみたいだからまた掛けるね」
と、その人物から言って切れたらしい。凄い普通の対応してるンですが。
だからこそKもTだと思ったっぽい。

もぅ本気怖い。
会話しちゃってるし内容も理性的なのが怖い。

結局その日は家に帰ったら誰かいるかもしんねぇ!!っつって怖くて。
もし荒らされてたり襲われるンだったら昼間の方がいいよねっつって。
Kとの電話を切った後にそのまま車でふらふらと。

一泊出来るとこを探しつつドライブしてたンやが。
コンビニのだだっ広い駐車場に車を停めて休憩したらそのまま2人ともぐっすり(笑
気付いたら朝7時過ぎ。

大分落ち着いたし周りも明るかったので家に帰る。
ちと警戒しつつ部屋に入ったンやが。異常なし。
本気で何も無し。特に何か動かされたり取られた様子も無い。
誰かがいた気配もしない。

凄い、謎。

いまだに判りません。何だったんだ。
ちょい今後も警戒しつつ過ごしてみます。

暫く日記が止まったら何かあったと思って諦めてね!!(ぇぇー
スポンサーサイト
前の記事
恐怖話続き
次の記事
観たい映画が

コメント

はっは、駄目だな馬飼野。色々と穴だらけじゃぜ。

色々あるけど例えば1つ。
ブログやサイトから見るにホントにアリバイがあるかなんて取れないぜ。
犯人がいるとすれば全員犯行可能とも言える。
まぁ、Willcomには発信履歴があるが為に
K(笑)1人だけの場合は余程の事せな犯行無理と言えるけど。

つまり君が僕らを信用信頼しちゃってるからアリバイがあると言えるだけであって。
いや、実際にそんなめんどい事しないけどさ。
まず疑うと言うならとことん疑うべきよ!! 中途半端な男ね!!(ぇー

んでもって、実際のところ。未だに謎です。
今も家に1人でこれ打ってンだけど後ろ警戒しながらじゃぜ。
まぢ怖いンすけど。

あと別にええけどさ。とりあえず転載許可っつーか
一言くらいは事前でも事後でも報告すべきじゃよ( ゜プピ
私はしょっちゅう君ンとこ覗いてるからいいけど、
転載されてるって気付かない場合だってあるかもなんだから。
by G
URL
2008-09-09 火 20:04:35
編集
どもどもー。

ミステリーですね。しかもオチが無い。そういう意味では怪談か。
何時も歩いて帰るから、あれから背後が怖くて仕方ないですよ~。


てか全文載っててびっくりしました。一言くださいよう。照れるじゃないですか。
それに長くなっちゃうからリンクで飛ぶようにしても良かったのに(笑)

まぁ、他の人の意見聴きたかったので考察は面白かったです。
あまりにも意味の無い行動なんでどうにも説明がつかなくって、当事者でもどうしていいか判らないっていう……。
by T
URL
2008-09-10 水 00:12:14
編集
私の自作自演です。
by K
URL
2008-09-10 水 01:23:26
編集
>G

匿名掲示板における「俺の友達の…」という話と違って、自分の知人の体験した話(一次情報)であり身元も明らかで確認をとろうと思えば取れる話なのでそこは最低限信用する。
そこから疑い始めると、もう今Gが書き込んでいるブログは「よく見る馬飼野 大路(と称する人物)のブログなのか?」ということまで疑えるしな。

もう一回整理してブログに書いてみよう。

転載についてはスマン、Tのブログには誘導入れておいたんだがGのところにはしてなかったね。


>T

転載スマネっす。
ブログに直で誘導こそどうかと思ってさ。

>K

あなたを、犯人です。
by 馬飼野 大路
URL
2008-09-10 水 07:06:40
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://makaino.blog9.fc2.com/tb.php/243-155e72b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。